SNS使い放題プランが月300円!今すぐ使える8月のキャンペーンまとめはこちら!

【悪用厳禁!】LINEモバイルで複数アカウントの年齢認証を突破する裏技

この記事は 5 分くらいで読めます

LINEモバイルの年齢認証を突破する裏ワザ

このページでは、LINEモバイル(ラインモバイル)を使った、LINEアプリ複数アカウント年齢認証を突破する裏技を紹介します。

りん
ねえねえあいりちゃん。
りん
LINEモバイルって格安SIMで唯一、LINEアプリの年齢認証を突破できるって聞いたんだけど本当?
あいり
本当だよ。でもそれだけじゃなくてLINEモバイルを使った「年齢認証の裏ワザ」があったりするんだ。
りん
え、なにそれ。そんなのあるの?
あいり
うん、あんまり知られちゃっても困るんだけど、ここでこっそり教えてあげるね。

あんまり知られてしまっても、LINE側に対策されてしまうのですが、知りたいという声を頂いたので、こっそり紹介していきます。

>>LINEモバイルをチェックしてみる方はこちらから!

Web申込み限定!今なら音声SIMが300円で使える!

LINEモバイルは格安SIMなのに年齢認証を突破できる

LINEモバイルならLINEの年齢認証に対応

LINEモバイルは、LINEアプリの年齢認証が突破できる唯一の格安SIMです。

逆に言えば、LINEモバイル以外の格安SIMでは「年齢認証(確認)」ができません

LINEアプリの年齢認証は、大手キャリアで持っている「年齢情報」を照会することで18歳以上かどうか、判定しています。

そのため、大手キャリアと同じ仕組みを持っていない格安SIMでは年齢情報を照会できず年齢認証を突破できないのです。

ですが、LINEモバイルは会社内で情報連携を行うことで、年齢認証ができるんです。

LINEの会社内で情報連携するだけですし、当然といえば当然ですよね?

これまでLINEを使えていたのと同じように、乗り換え後もLINEアプリを使えます。

めんどうな追加設定や、乗り換え後にできないことを覚える必要もありません。あなたが18歳以上であれば、これまで通りID検索機能を利用できます。

LINEモバイルの年齢認証でできること

年齢認証(確認)を突破できないと、LINEの「ID検索機能」が使えなくなります

LINEのID検索機能は2種類あり、この検索を使うために認証が必要です。

ID検索機能自分が相手のIDを検索する
相手が自分のIDを検索する

つまり、LINEモバイル以外の格安SIMだと「ID検索ができない」「ID検索をしてもらえない」状況に陥ってしまうんです。

LINEモバイルなら「LINEで◯◯ができない」などという不安を一つ消し去ることができます

余計な情報を頭に入れなくていいことは、大きなメリットです。

複数のLINEアカウントの年齢認証を突破する方法は?

年齢認証の突破方法

ここからは、複数のLINEアカウントの年齢認証を突破する方法の解説です。

LINEモバイルを契約したスマホが1台あれば、理論上何台でも年齢認証を突破させることが可能です。

「利用コード」を発行することで、年齢認証を行う

LINEモバイルでは「利用コードを発行することで年齢認証を行います。

「利用コード」は17桁の英数字でできており、正確には「利用者連携」で使います。

あいり
簡単に言うと「LINEアプリ」と「LINEモバイル」の2つのアカウントを連携させるためのコードだよ!
りん
利用者連携をすると年齢認証ができる仕組みなんだよね!

↓↓利用コードって何?って方はこちら!

LINEモバイルの利用コードってなに?使い道と発行場所の超まとめ!
このページでは、LINEモバイル(ラインモバイル)の「利用コード」について説明していきます。「利用コード」とは設定で使うコードなのですが、聞き慣れない単語ですし、調べてもイマイチはっきりしないって方も...

利用コードを「再発行」すると2つ以上のアカウントにも使える

LINEモバイルの利用コードは「再発行」することで、別のLINEアカウントの年齢認証に使えるんです!

2台目以降の認証には特別な操作もいりません。1台目と同じようにコードを発行し、LINEアプリ側で操作するだけでOKです。

発行場所は、LINEモバイルのマイページの契約情報の項目にあります。

詳しい利用コードの発行手順は下のページにまとめてあります。

LINEモバイルの利用コードってなに?使い道と発行場所の超まとめ!
このページでは、LINEモバイル(ラインモバイル)の「利用コード」について説明していきます。「利用コード」とは設定で使うコードなのですが、聞き慣れない単語ですし、調べてもイマイチはっきりしないって方も...

前のアカウントは、認証状態が引き継がれる

りん
あれ、でもコードを再発行しちゃったら、元のアカウントはどうなっちゃうの?
あいり
ちゃんと認証されたままだよ!
あいり
普段通り使ってる分にはなんら影響ないから安心してね。

利用コードの再発行後、しばらくは認証状態が引き継がれるようになっています。具体的には、機種変更したり、LINEアプリを消したりしなければ、ずっと認証状態は引き継がれるんです。

りん
「半永久的に」ってことだね!

もちろん、機種変更する際も、もう一度再発行すれば問題なく再認証できますのでご安心を。

>>LINEモバイルをチェックしてみる方はこちらから!

認証突破には500円のデータ専用SIMでもOK!

500円玉の写真

利用コードを使った複数アカウントの認証は、一番安い500円のLINEモバイルのSIMでもできます

スマホやタブレットを複数台持ちしていて、LINEモバイル以外を使っている〜なんて方は、500円のLINEフリープランを契約するといいかもしれません。

一人で別々のLINEアカウントを使ってたり、家族全員分の認証を済ませたいといった状況であれば、家族の誰か一人がLINEモバイルを契約をしていれば、認証問題は全て解決されます!

↓↓超絶コスパの500円プランの徹底解説はこちら!

【コスパ最強】LINEモバイルの月額500円プランをフル活用するには?
このページでは、LINEモバイル(ラインモバイル)の月額500円プランについて解説していきます。というわけで、LINEモバイルの月額500円プランについて解説していきます!これを読めば...

まとめ

まとめ-あいり

LINEモバイル(ラインモバイル)の特性を活かしたLINEの年齢認証突破方法を紹介してきました。いかがだったでしょうか?

りん
なんか本当に裏ワザっぽい裏ワザだったね。
あいり
かなり盲点を突いた方法ですが、これで年齢認証問題はまるっと解決できます!

また、LINEモバイルを使うと、LINEアプリがこれまで通り使える他、LINEと密接に関わったサービスならでは特権を受けられます。

LINEモバイルに乗り換えてみたい!と思った方は、乗り換え(MNP)徹底解説ページを参考にしてみてくださいね。

この記事の総まとめ! LINEモバイルは格安SIMで唯一年齢認証を突破できる。

 利用コードを再発行することで、複数のアカウントの年齢認証を突破できてしまう。

 再発行前のアカウントは認証状態が引き継がれる。

 500円の最安プランでも認証できる。

 悪用は厳禁。

コメント