SNS使い放題プランが月300円!今すぐ使える8月のキャンペーンまとめはこちら!

【SNSフリーで比較】LINEモバイルとDMMモバイルはどっちを選ぶべき?

この記事は 9 分くらいで読めます

VS DMM

このページでは、LINEモバイル(ラインモバイル)DMMモバイルについて、徹底比較していきます!

りん
DMM mobileもデータフリーあるじゃん!
りん
結局どっちがいいの?!
あいり
対象サービスもLINEモバイルをかなり意識したものになっているね。詳しく比較してみよう。

17年9月14日、DMMモバイルが、主要SNSの通信量がデータフリーになる「SNSフリー」を提供を開始しました。

LINEモバイルは「データフリー」を理由に検討している人が多いんじゃないかと思います。そうなると、LINEモバイルとDMM mobile、どちらを選ぶべきなのか、悩みどころですよね…?

そこで今回は、LINEモバイルDMMモバイルの2つを徹底比較していきたいと思います。これを読めば、どちらの格安SIMがあなたに向いているのかバッチリ分かります。

LINEモバイルをチェックしてみる方はこちらから!

Web申込み限定!今なら音声SIMが300円で使える!

【結論】あなたにピッタリのSIMはコレ!

サクッとこの記事の結論はこちら!

まずはこの記事の結論からお伝えします。せっかちな方はサクッとこれを読んじゃってくださいね。

LINEモバイルもDMM mobileも非常に優れた格安SIMです。業界でもトップクラスの伸び率を誇り、どちらを選ぶべきなのかスパッと断言できないのが本音です。

ですが、両サービスの違いを細かく見ていくと、あなた向きの格安SIMが見えてきます。参考までに両サービスの向いている人を紹介します。

LINEモバイルはこんな人向きシンプルに使いたい
・バランスの取れたサービスを使いたい
・LINEをよく使う
・LINE Musicを使う予定の
・LINEでID検索を使いたい
・余ったパケットをあげたい/もらいたい
クレジットカードなしで契約したい
DMMモバイルはこんな人向き・とにかく1円でも料金を安くしたい
・スマホ操作や設定に慣れている
・Messengerを使う
・多様なプランやオプションをカスタマイズして自分専用プランを組みたい
・DMM光を契約している
・DMMで定期的に買い物をする

LINEモバイルをチェックしてみる方はこちらから!

LINEモバイルはどんなサービス?

SNS使い放題300円キャンペーン

まずはLINEモバイルの特徴をざっくりと解説します。どんなサービスなのか理解しちゃいましょう。

総合評価:複雑な点が少なくシンプルに使える!便利な機能も多い!

LINEモバイルは、シンプルに使えるサービスです。

SMSやデータフリーが申込なしで使える点や、LINEアプリ上でデータ残量の確認や、サポートを受けられるなど、複雑な点が少ないところが評価ポイントです。

りん
契約やプランはできるだけシンプルな方がいいね。
あいり
後から調べなおすのは結構面倒ですしね…。

加えて、余ったパケットの受け渡しができることも重要なポイントです。

この機能、実はそこまで多くの格安SIMにあるわけではないんですよね…月末どうしてもピーンチ!といった状況で救世主になる機能です。家族だけでなく友達ともシェアできちゃいます。

まとめるとLINEモバイルは、複雑な機能はいらないしシンプルに使いたい!でも、データフリーも使いたいし、LINEも今まで通り使いたい!といった欲張りさんにオススメな格安SIMです。

LINEモバイルを選ぶメリット・3GB以上のSIMは全て、データフリー付き
・余ったパケットをもらえる/プレゼントできる
・LINE上で24時間365日サポートを受けられる(専用アプリ不要)
・LINEのID検索ができる
・申込なしでSMSを使える
・申込みにクレジットカードが不要
LINEモバイルのデメリット・DMM mobileと比べると数10円〜100円割高
・バーストモードがない
・低速/高速モードの切替ができない

LINEモバイルをチェックしてみる方はこちらから!

DMMモバイルはどんなサービス?

次にDMMモバイルの特徴&評価を解説します。

総合評価:業界最安値!とことん自分にあった使い方をしたい人向け!

DMMモバイルの強みはとにかく安いことです!

今回はLINEモバイルとの比較ですが、他の格安SIMと比べても遜色ない安さです。10円〜100円前後の差になりますが、1円でも安くしたい人には間違いなくオススメです。

りん
金額差は小さいけど、とにかく安さを追求してるってことだね。

また、利用料金の10%分、DMMのポイントが貰えるのもDMM mobileならではのサービスです。

ただし、ポイントは1ヶ月で失効してしまうので、貯めて動画やゲームを買ったりはできないのですが、毎月DMMで何かしら買い物をしている人には嬉しいところです。

あいり
毎月貯まるのは100円前後くらいなので、作品1本タダ…とはならないようなポイントです。

あとは、プランが豊富なので、SNSやデータフリーなどのオプションと組み合わせながら自分に最適なプランを作っていける点も評価できます。

20GBのプランもあったりするので、外で動画配信したい人や、動画を毎日外で観たい人にもDMM mobileはおすすめです。

ここまでDMM mobileの目立ったメリットを書いてきましたが、注意しておかなきゃならない点もいくつかあります。

・SMSやデータフリーはあくまでオプションで、別途申し込みが必要
・管理用のアプリを使用しなければならない点

大きなデメリットにはなりませんが、自分用のプランをカスタマイズしていった上で、使い方を覚えていく必要があることは頭に入れておいたほうが良いでしょう。

逆に「プランを考えていくのがめんどうなんだけど!!」って方は、シンプルにまとまっているLINEモバイルを選んでみるといいかもしれません。

DMMモバイルを選ぶメリット・業界最安値
・料金の10%がDMMポイントとしてもらえる(ただし1ヶ月で失効)
・20GBを超えるコースなどプランが豊富
・光回線と同時申し込みで更に安くできる
・バーストモードがある
・低速/高速モードの切替ができる
DMMモバイルを選ぶ時の注意点・SMSを利用するには+150円のオプション申込が必要
・データフリーは+250円のオプション申込が必要
・管理用アプリが別途必要
・LINEのIDと検索ができなくなる

データフリー対象サービスで比較

データフリーイメージ

LINEモバイルとDMM mobileのメリットとデメリットについて整理したところで、ここからは細かい項目で比較していきます!

まずはデータフリーの内容で比較していきたいと思います。

対象サービスLINE
Twitter
Instagram
Facebook
Messenger
Lineミュージック

データフリー対象の操作を比較

 公式サイト記載の操作LINEモバイルDMM mobile
LINE
・テキスト送信
・スタンプ・画像・動画の送受信
・無料通話・ビデオ通話
・スタンプ・きせかえのダウンロード
・タイムライン
・ニュース
・アカウント設定
・LINEアプリ以外のサービス
・外部リンクへの接続
・LINE LIVE
Twitter
・タイムラインの表示
・ツイート
・ダイレクトメッセージの送受信
・ニュース・検索
・プロフィール編集
・モーメントの表示・投稿
・外部リンクへの接続
・公式アプリ以外での利用
・ライブストリーミング動画
・Web版での表示
Instagram
・タイムラインの表示・投稿
・ストーリーの表示・投稿
・ダイレクトメッセージの送受信
・アクティビティの表示
・検索の表示
・プロフィールの編集
・外部リンクへの接続
・ライブストリーミング動画
Facebook
・タイムライン・ニュースフィードの表示・投稿
・リクエスト・お知らせ・その他の画面表示
・いいね・スタンプの送信
・チェックイン
・検索の表示
・プロフィールの編集
・外部リンクへの接続
・Facebook Live
・Facebook Messenger
Messenger
・テキストメッセージの送受信-
・いいね・スタンプの送受信 -
・外部リンクへの接続-
LINE MUSIC
・ホーム・カテゴリ・検索・マイミュージック-
・音楽・音声の視聴-
・楽曲のダウンロード-

※「△」は対象とも対象外とも書いていない項目です。

データフリーについてまとめ

結論としてLINEモバイルとDMM mobileで、データフリーの内容に大きな差はないようです。

あいり
格安SIM自体が赤字前提の事業になっているので、差をつけるのが難しい部分なのでしょう…。
りん
どっちも限界まで頑張ってるってことだね…。

データフリー対象のサービス内操作は、基本的なものは網羅されていますが、両サービス共にライブストリーミング系は対象外としています。やはり動画系は通信容量が大きく厳しいようですね…

共通してNGな項目・アプリ内での外部リンクの通信
・ライブストリーミング配信
・公式アプリ以外を使用した通信

また、DMM mobileはサービス開始から間もないからか、対象外の項目に詳しい記述がなかったです。LINE LIVEは対象になるのか…など分かり次第追記します。

また、DMM mobileには以下のような少し気になる文章が記載されています。

SNSフリーの範囲は、今後、変更又は追加されることがあります。

先行利用期間終了後、本格サービス提供開始時のオプション料金は変更になる場合がございます。

DMM mobile
DMM mobileでは使い方に合わせて月々1GB〜20GBまで高速データ通信(LTE)のご利用が可能です。NTTドコモの回線を使用しているため、NTTドコモのサービスエリア...

スタートしたばかりのオプションなので、今後変更の余地があると言えるでしょう。もっと安くなったら嬉しいですが…。

▼他社製Twitterクライアントについてのまとめ記事

【検証】LINEモバイルのデータフリーは他社製Twitterアプリも対象?
このページでは、LINEモバイル(ラインモバイル)のカウントフリー(データフリー)での、他社製アプリの対応状況について解説していきます。LINEモバイルをチェックしてみる方はこちらから!公式サイト...

金額(プラン)で比較

iPhoneを比べる

 通信容量
1G3G5G7G10G
データのみ500円----
データ+SMS620円1110円1640円2300円2640円
音声通話SIM1200円1690円2220円2880円3220円
データのみ480円850円1210円1860円2190円
音声通話SIM1260円1500円1910円2560円2890円

金額だけでみるとDMM mobileのほうが総じて安いです。

ただし、1GBの音声通話SIMに関しては、LINEモバイルのほうが安いです。しかも、LINEモバイルの場合は1GBの契約の場合でも「LINEアプリ」はデータフリー対象になるので、オトク感が大きいです!

DMMモバイルはデータフリーが別料金!

上の表には1つ注意点があります。

LINEモバイルにはあらかじめデータフリーの料金が含まれていてDMM mobileにはデータフリーの料金が含まれていないんですよね。お気付きだった人もいるかも知れません。

DMM mobileのデータフリー料金:¥250 / 月
りん
データフリーを選んだ場合の料金だとどう変わってくるの?
あいり
それでは次の項目にて、データフリーを前提とした料金比較をしていきます!

LINEモバイルをチェックしてみる方はこちらから!

【データフリー前提】料金を比較

金額(プラン)で比較

LINEモバイルとDMMモバイルのプランを比較しましたが、DMMモバイルはデータフリーのオプション料金がかかります

それを踏まえ、データフリーオプションを価格に含めた比較が下記になります。

データ専用SIM+データフリーオプション

 通信容量1G3G5G7G10G
データ+SMS620円
(LINEのみ対象)
1110円1640円2300円2640円
データのみ480円850円1210円1860円2190円
カウントフリー込
+250円
730円※1100円1460円2110円2440円

データ専用SIMの場合、DMMモバイルが総じて安いです。差にして100〜200円ほどです。かなり攻めた価格設定のように思えます。

あいり
データ専用SIMで1GB以上の容量を検討している方ならDMMモバイルを選んでしまって問題ないでしょう。

音声通話SIM+データフリーオプション

 通信容量1G3G5G7G10G
音声通話SIM1200円
※LINEのみ対象
1690円2220円2880円3220円
音声通話SIM1260円1500円1910円2560円2890円
カウントフリー込1510円1750円2160円2810円3140円

音声通話SIMに関しては、通信容量によってどちらが安いのか変わってきます

りん
1GB〜3GBの契約容量ではLINEモバイルが圧倒的に安いですね。

1GBの通信容量では、310円も安いです。ただし、データフリー対象はLINEのみとなってしまいますが、1年間で4000円近く変わってきます。

3GBだと純粋にLINEモバイルの方が安いです。データフリー対象サービスも横並びになっていますし、LINEモバイルで最も契約数が多いプランだと聞いたことがあります。納得ですね。

ただし、5GB以上のプランになってくると、DMM mobileのほうが、40〜80円安くなってきます。かなり微妙な差ですね。気にならない差でしたら、好みで選んでしまいましょう。

料金比較のまとめ

ちょっと情報量が多くなってきちゃいましたね。下に結論をまとめます。

あいり
あくまで料金のみの比較になるので、ここに好みやメリット・デメリットが乗ってくるイメージです。
データ容量で料金比較まとめデータ専用SIMを契約:DMM mobileが安い
音声通話SIMで1〜3GBで契約:LINEモバイルが安い
音声通話SIMで5GB以上で契約:価格差は小さい→好みで選ぶ

回線速度で比較


LINEモバイルとDMM mobileを通信速度で比較してみます。

格安SIMを選ぶ上で、通信速度はとても重要ですよね。せっかく乗り換えしたのに使い物にならなかった話になりません。。。

上の図が両サービスを速度比較したものになります。(LINEモバイルはドコモ回線)

時間帯や時期によって多少は上下していますが、あまり速度差がないことが分かると思います。平均値で見ると6Mbps〜8Mbps。通常利用には困らない通信速度です。

ちなみに上の表では解説できませんでしたが、LINEモバイルではソフトバンク回線の方が断然速いです。デメリットも特にありませんので、特にこだわりがなければソフトバンク回線にしておくことをおすすめします。

LINEモバイルとDMMモバイルを比較丨まとめ

この記事のまとめ

ここまで、LINEモバイル(ラインモバイル)DMMモバイルについて比較してきました。いかがだったでしょうか。

りん
クレジットカードなしでも契約できるから私はLINEモバイルかな!
あいり
私はスマホはLINEモバイルだけど、iPadはDMMモバイルで使ってるよ!

正直なところ、LINEモバイルもDMM mobileも非常に優れた格安SIMで、どちらを選ぶべきなのか断言できないのが本音です。それでも、掘り下げていくとあなたにピッタリの格安SIMを見つけられます。

LINEモバイルはこんな人向き・シンプルに使いたい
・バランスの取れたサービスを使いたい
・LINEをよく使う
・LINE Musicを使う予定の
・LINEでID検索を使いたい
・余ったパケットをあげたい/もらいたい
・クレジットカードなしで契約したい
DMMモバイルはこんな人向き・とにかく1円でも料金を安くしたい
・スマホ操作や設定に慣れている
・Messengerを使う
・多様なプランやオプションをカスタマイズして自分専用プランを組みたい
・DMMで定期的に買い物をする

LINEモバイルに乗り換えてみたいと思った方は、LINEモバイルへの乗り換え(MNP)徹底解説ページのほか、メリットデメリットも詳しく解説してあります。ぜひ読んでみてくださいね。

▼DMM mobileへの申込はこちらから

コメント