SNS使い放題プランが月300円!今すぐ使える8月のキャンペーンまとめはこちら!

【旅行前必見!】LINEモバイルの海外で使えない機能はこちら!取るべき対策は?

この記事は 8 分くらいで読めます

LINEモバイルは海外で使える?

このページでは、LINEモバイル(ラインモバイル)海外快適に使う方法について解説していきます!

これを読めば電話SMSなど「LINEモバイルが海外でできること」「できないこと」がバッチリ分かります!

りん
今度、修学旅行でシンガポール行くんだけど、LINEモバイルは使えるの???
あいり
そうだね、日本と全く同じように使えるわけじゃないけど、工夫すればかなり快適に使えるはずだよ!

大手キャリアよりもずいぶん安く使える格安SIMですが、「海外でも使える?」などと不安に思いますよね。

私も準備も済ませていざ海外!となった時に、スマホの心配をしてハッとする思いをしちゃいました。

ほとんど知らない土地では、調べ物ができないと不安になりますし、料金も普段と変わってくるのか、気になる所です。

海外でも使えると思ってたけど準備不足で全然使えなかった…!
日本に帰ってきたらありえない額の請求が…!

せっかくの旅行を最高の思い出にするためには、こういった悲劇も回避しなければなりませんよね。

でも大丈夫。これを読めば、海外でもLINEモバイルを150%活用した最高の旅行ができるようになります

LINEモバイルをチェックしてみる方はこちらから!

Web申込み限定!今なら音声SIMが300円で使える!

【結論】データ通信はNG丨ドコモ回線→海外で通話OK、ソフトバンク回線→海外で通話NG

サクッとこの記事の結論はこちら!

まずは、この記事の結論からまとめます。

LINEモバイルでは、海外でデータ通信はできません

通話に関しては、ドコモ回線なら海外でも通話・着信OKソフトバンク回線では、海外への通話・着信はできません

…ちょっとややこしいですよね。以下の表にまとめてみました。

 データ通信海外での通話日本から海外への電話オプション申し込み
ドコモ回線必要
ソフトバンク回線不要

もちろん、この記事では対処法も解説していきます。流し読みでいいので、ぜひページの下の方まで見ていってくださいね。

LINEモバイルが海外でできること

LINEモバイルが海外でできること

ここからは、LINEモバイルが海外でも日本と変わらず使える機能について解説していきます。

日本と同じように使えても料金が変わってくる機能もありますので、海外で使う際の注意点と合わせて解説していきます。

LINEモバイルは海外でもSMSが使える!

スマホから多くの人へ発信

LINEモバイルは、海外でSMSが使えます

LINEモバイルでは、ほぼすべてのプランにSMSが標準搭載されています。唯一データ専用SIMの500円プランのみ、SMSが選択制となっています。つまりは、それ以外のプランでしたら、日本と同じようにSMSを送信することができます。

料金ですが、送信のみに料金が発生するようになっています。

逆を言えば、たとえ海外でも受信するだけならお金はかかりません。「自分から送らなければ料金は発生しない」ということを頭の片隅に入れておきましょう。

海外でSMSを使う時の料金

海外でのSMSの送信料金は、日本国内での料金と違ってきます

海外の電波や通信局を利用することになるので、少しお高くなってしまうのは仕方ありません…。「いざという時は使える」と覚えておけばまず安心です。使うのは緊急時にとどめておきましょう。

送信料金は下記になります。

▼SMS送信料
・海外へ送信:50~500円/通(非課税)
・海外から日本へ送信:100円/通(非課税)
※ 参考:国内から国内へ送信:3~30円/通(課税あり)

料金に幅があるのは、文字量などによって料金が変動するためです。あくまで目安としてこれくらいかかる、と思っておきましょう。

LINEモバイルをチェックしてみる方はこちらから!

【ドコモ回線のみ】LINEモバイルなら海外で音声通話が使える!

海外で電話している様子

LINEモバイルは海外でも音声通話が使えます

海外から日本へ」または「海外から海外へ」といかなるパターンでも電話をかけることができます。

やっぱりいざという時に電話ができるってのは安心ですね。いつでもその気になれば日本へ連絡できるということで、かなり気がラクになるんじゃないかと思います。

でも、いくつか注意点もありますので順番に解説していきますね。

LINEモバイルで海外で通話をするには、オプションの申し込みが必要

海外で通話をできるようにするには、オプションの申し込みが必要です。

海外での通話に関わるオプションは2種類あり、「国際電話オプション」と「国際ローミングオプション」があります。この2種類に関しては次のような内容となっています。

・国際電話オプション:日本から海外への電話
・国際ローミングオプション:海外からの電話
りん
え〜オプションってお金かかるんじゃないの?解約忘れたら面倒だしやだー!
あいり
大丈夫、このオプションは無料なの。だから申込むだけオトクなんだよ。

この2種類のオプションは料金がかかりません無料なので、解除し忘れを気にする必要もありませんし、入りっぱなしでも損することはありません。

海外に行きたいと思っている方は、LINEモバイル申込み時にチェックを入れておきましょう!既に使っている人は、今すぐオプションの申し込みをしておきましょう。

オプションの違いを覚える必要はなし

国際電話オプション」と「国際ローミングオプション」ですが、違いが分かりにくく、どっちがどっちだか分からなくなりますよね?

どちらも変わらず料金は無料なので、とりあえず両方申し込んじゃえば違いを覚える必要はありません。海外に行く予定がある方は、セットでチェックを入れておきましょう。

海外では、通話料金が日本と違う

国際電話」と「国際ローミング」、どちらも通常の通話料金とは料金が異なるため、注意が必要です。

かける国によって通話料金は変わってきますが、そこそこ高額です。とはいえ、国をまたいで通話する体験自体がかなり貴重なものになるかと思いますし、また困った時にはためらうことなく電話しちゃって問題ないでしょう。

通話料の目安は下のようなイメージです。国によって結構幅があります。

▼通話料金の目安
・日本から海外:30円〜150円
・海外からの電話:125円〜250円

詳しくはドコモの国際電話料金一覧、もしくは国際ローミング料金一覧で確認してくださいね。

オプションの申し込みには少し時間がかかるのでお早めに!

国際電話系のオプションは、予定が立った時点で早めに申し込んでおきましょう

オプションの申込みにはパスポートのコピーが必要なものもあり、LINEモバイル側での審査の時間が必要になります。そのため、3月などの繁忙期には申込み完了まで時間がかかることも想定されます

以下のようなツイートも見かけました。やはり3月の申込には時間がかかってしまっているようです。

LINEモバイルの海外通話には利用限度額あり

海外での通話料金には限度額が設定されているので注意が必要です。

でも逆に言えば、ストッパーにもなってくれる機能です。ついつい電話しすぎて旅行から帰ったら100万円請求!…なんてことはありえなくなります。上限まで使っても限度額が決まっているのは、安心できる要素です。

ただし、限度額まで到達してしまうと、次の月になるまでは国をまたいだ通話ができなくなりますので、ご注意を。(Wi-Fiを使ってLINEしましょう。

▼利用限度額
・国際電話:日本から海外へ電話
→限度額は20,000円(税抜)
・国際ローミング:海外から電話
→限度額は50,000円(税抜)

LINEモバイルをチェックしてみる方はこちらから!

【ソフトバンク回線】国内→海外はOK丨海外で電話はNG

LINEモバイルのソフトバンク回線では海外で通話できない

LINEモバイルのソフトバンク回線の場合、国内から海外への通話はできても、海外での通話や着信はできません

実は、ドコモ回線とは少し条件が変わってくるんです。

LINEモバイルのソフトバンク回線には、「国際ローミングオプション」はありませんが、「国際電話オプション」はあります。しかも、「国際電話オプション」は申込み不要

かなりややこしいのですが、整理すると以下のようになります。

国内から海外への電話:オプション申込無しでできる
海外から国内への通話&着信:できない
海外から海外への通話&着信:できない
りん
日本から海外へ電話できても、海外では電話機能は使えないってことだね…!
あいり
回線の切り替えをした人は特に注意です!

LINEモバイルが海外でできないこと

バツマークを出す女性

海外では、モバイルデータ通信は使えない!

LINEモバイルは海外ではモバイルデータ通信は使えません。ただ、これはLINEモバイル特有の問題ではなく、日本で使える格安SIM全般に言えることです。

モバイルデータ通信とは、いわゆるパケット通信です。現代では一番使う機能ですよね…。LINEするにも、Twitterするにも、Webサイトをみるのにも使っているのがモバイルデータ通信です。

りん
え、それってギガが使えないってことだよね!?
りん
それじゃ、地図も見れないし、観光名所も調べられないってこと!?
あいり
大丈夫!海外でもいつもどおりスマホを使う方法があるから解説していくね!

LINEモバイルで海外でデータ通信を使う方法

海外でもスマホのデータ通信を使う方法はあります。

電話ができて、データ通信もできるとなると、かなり安心できますよね!LINEで現地の写真を送ることも、地図をみることも、いつもやってるスマホゲームだってできます。いい時代ですよね!

方法は大きく分けて3種類あります。100%日本と同じように使える…というわけにはいきませんが、不満なく使うことができるはずです。順番に紹介していきますね。

【おすすめ】海外向けポケットWi-Fiをレンタル

イモトのWiFi

海外で使えるポケットWi-Fiをレンタルする方法です。

日本であらかじめレンタルしておき、旅行先の国に持っていきます速度も安定していて、しかも安いです。

海外で使えるポケットWi-Fiにもいくつか種類がありますが、イモトのWiFiが特に有名です。世界200カ国以上で使えます。名前はおもしろいですが、運営会社もしっかりとした大企業です。

ポケットWi-Fiは空港で受け取れる点も評価できます。配送〜受け取りの時間が必要なくなりますし、最速なら前日や当日でも間に合うケースがあったりします。

実は当日でも間に合います

海外でプリペイドSIMを購入

観光客用SIM

SIMカードを現地で買う方法です。

LINEモバイルを使い始めるときのように、現地で買ったSIMカードをスマホに差し込むとモバイルデータ通信が使えるようになります

りん
え〜、それって海外でも申込とか契約が必要ってこと?
あいり
そんなことないよ、大丈夫。プリペイドで買い切りのSIMカードがあるの!

海外では観光客用の買い切りのSIMカードが普通に売っています先払い制なので、契約や申込は必要はないんです。

14日間の期限付きのSIMだったり、4GBのデータ容量が決まったSIMだったりが、現地の電気屋さんや、お土産屋さんなどで売っているんです。

ちなみに実は、日本でも海外からの観光客用のSIMカードが売っています。例えば東京だと家電量販店で売っていたり、場所によっては駅の自動販売機で売っていたりします。(上の画像は実際に日本で外国人観光客向けに販売されているSIMです。)

また、SIMカードの差し替えにはSIM入れ替え用のピンが必要です。現地で探し回るのも時間がもったいないので、忘れずに持っていきましょう!

海外で無料Wi-Fiを使う

公衆WiFiのイメージ

海外で無料Wi-Fiを使う方法です。

セキュリティの心配もありますし、あまりおすすめできない方法です。が、お金はかからないですし、準備もいりません

先進国であれば、日本よりもWi-Fiは整備されていますので、空港でも駅でもカフェでもWi-Fiを拾うことはできるんじゃないかと思います。

「お金を払うほどでもないな〜」「最低限の利用でいいや」って方は、無料Wi-Fiを利用するのも方法の1つです。ホテルではWi-Fiは用意されているでしょうし、国によっては十分利用できちゃいます。

LINEモバイルをチェックしてみる方はこちらから!

まとめ:LINEモバイルは海外でもそれなりに使える!

まとめ-あいり

LINEモバイル(ラインモバイル)海外できること・できないことと、海外でも快適に使う方法について解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

日本にいる時とは料金は変わってきますが、海外でも「電話」「SMS」など連絡は取れますし、データ通信を利用する方法がいくつもあるんです。

準備をしていけば普段どおりLINEモバイルを使う道があるということで、少し安心できたんじゃないでしょうか。

最後にこの記事のまとめとして、「できること・できないこと」と「その対策」をまとめておきます!

この記事の総まとめ! 海外でできること
・音声通話
・SMS
海外でできないこと
・モバイルデータ通信
対策:データ通信を使うには?
・現地でプリペイドSIMを買う
・ポケットWi-Fiをレンタルする
・無料Wi-Fiを使う

コメント